治験 バイト 募集

【治験バイト募集】オイシイ求人はココで探せ!

治験バイト!オイシイ求人はココで探せ!

治験アルバイトを探すなら…

今話題の治験アルバイト。

 

どこで探したら良いかわからない、不安…と言う人は新薬ネットがオススメです!

 

新薬ネットは日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト。

 

アルバイト募集地域は14都道府県の54か所とかなり多く、地域によっては参加ができない、見つからない・・・と言う人も探してみてはどうでしょう。会員は7万人なので、初心者さんでも安心して参加することができます。もちろん、参加は自由なので登録をしておくだけでもOK。

 

治験のアルバイトというと、怪しいなどのマイナスイメージもありますが、雑誌などでもきちんと紹介されています。

 

また、日本ではまだまだ理解がないため、治験が遅れて多くの薬が認可されていない状況になっています。

 

実は、これって自分たちにもマイナスな現状なのです。

 

海外先進国では、献血のような感覚で社会貢献として行われているのに、日本では副作用などの悪いイメージがつきまとい、献血もなかなか浸透しなかったのと同じでかなり遅れをとっているのです。

 

しかし、治験アルバイトの会員が7万人ということは、それだけ理解をしている人が増えているともいえますが、それでも正直まだまだ不足状態なのです。

 

専門医がつき、しっかりと検査をしていき、治験薬の効果を確かめるのが治験アルバイトです。

 

通常の薬を飲むのでも副作用もあり、100%副作用がないというものはありません。

 

正しい知識と理解をしたうえで、ぜひ自分に合った治験アルバイトに新薬ネットで参加していきましょう!

 

新薬ネットのレビューはこちら


治験アルバイトは儲かるって本当?

治験アルバイトは高額と言われていますが、実際長期間で50万以上というのもあります。

 

仕事が見つからない期間や、学生の長期休暇を利用して参加している人もたくさんいますが、日給にすると2〜3万とも言われています。

 

通院タイプもあれば、入院タイプもあり、とても簡単なサプリメントを飲むものでも高額です。

 

なぜなら、それだけのデータを必要とし、その期間は協力をしてくれているということで高額になるのです。

 

 

副作用があるから、危険だから…と言うわけでは決してありません!

 

1週間でも15万、1か月だと50万などと言われているのは、それだけ入院をし、決められた中で過ごすため拘束時間が24時間×○日となるからなのです。

 

24時間働いたら?と考えれば、納得できるのではないでしょうか。

 

長くなれば、日曜などの休日もすべて拘束されるし、その時間がお金に変わるのです。

 

しかも、ボランティアなので謝礼(正式には負担軽減費)と言う形になり、税金もかかりません。

 

また、ボランティアなのでアルバイトでもないため、副業には当たらず、会社員でも参加することは可能なのです。

 

 

健康診断をしたり、事前の説明会に参加するだけでも、謝礼はもらえます。

 

その時間も拘束されている…と考えれば良いと思います。

 

なんだかすごくしっかりとした会社の給料体制みたい、と思う人もいるかもしれませんが、実際に治験アルバイトはそれだけしっかりしており、専門医や看護師なども徹底した配慮をしてくれるのです。

 

長期の休みに治験アルバイトをして儲けてみませんか?

治験アルバイトに参加するまでの流れ

治験アルバイトは、日本国籍があり20歳以上の日本人(ハーフはNG)であれば参加することができます。

 

参加条件は色々ありますので、まずは自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

 

通院や入院だけではなく、モニターとして何かを自宅で試し、日誌を書くものや1日、数時間のみというものもあるので、主婦や働いている場合でも参加が可能になります。

 

ただ、多いのはやはり入院してきちんとした検査をするというもの。

 

様々な情報をきちんと確認をしたうえで、応募をして説明会に参加します。

 

説明会後に健康診断を行う場合は、身分証明書が必要になるので持参すること!

 

この説明会や健康診断もきちんと治験アルバイトをするうえで必須になるため、謝礼があります。

 

この健康診断で思わぬ病気が見つかった…なんて人もいますが、専門医が検査してくれるため、安心です。

 

また、説明会の時にもわからないことについては質問ができ、強制ではないのでその場で帰るということもできます。

 

自分が納得した場合だけの参加になりますが、全ての人が参加できるわけではなく、検査結果をみて判断されます。

 

診断後に参加可能となれば、参加することができますが、募集人数よりも多い場合はより内容に合った人が選ばれることになり、正確性を考えて健康診断の数日前から禁止されるものもありますので、必ず守るようにしてください。

 

きちんと治験アルバイトに参加しようと思うなら、応募してからが始まりです!

 

専門医や専門医療機関で徹底した配慮をしてくれるので安心なので、後は自分もきちんと守り、参加できるよう心がけてください。

【タイプ別】 最適な治験バイトの応募先はココで探せ!

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ