MENU

Q 治験のバイトは報酬は高額だけどやっぱり危険?

A.
日本では、献血も良くないイメージがあったように、治験にも誤った認識が広まり、悪いイメージがありますが、決して危険ではありません。
先進国では、献血と治験は同じくらいの理解があります。
また、保険に入っていない人が多い国では、薬や検査の負担がない治験を活用する人も少なくはないのです。

 

数々の試験を行い、安全性や効果を研究開発し、時間を費やしたうえ、初めて治験が行われます。
つまり市販や病院で使われるようになる一歩手前という安全性が高いものが治験薬なのです。

 

1万以上ある薬が10〜15年ほどかけて1個が選ばれる…と考えれば、それだけ治験が必要であるということがお分かり頂けると思います。

【タイプ別】 最適な治験バイトの応募先はココで探せ!