MENU

糖尿病治験で医療費負担を軽減!

・医療費負担が軽くなる

 

・専門医がしっかりと診察してくれる

 

・治療中でも参加ができる

 

 

 

今日本でも多い糖尿病。その予備軍もたくさんいますが、インスリン治療は月1〜1.5万もの医療費の負担があります。また、生活習慣病と言われる糖尿病ですが、他の病気と一緒になると月5万ほどの負担になると言われています。

 

そこで注目したいのが糖尿病の治験です。糖尿病治験の場合、実施メーカーが負担してくれることが多いのがポイント!治験薬や検査費用の負担はゼロになるので、診療費だけ実質負担するだけになります。

 

またそれだけではなく、治験に参加すると1万円ほどの謝礼があるため、病院にかかる費用はゼロになるのです。でも治験って…と不安になる方もいると思いますが、治験には専門医が担当なので、通常以上の病気に対する理解があるため、相談しやすいというメリットがあるのです。

 

もちろん、糖尿病の疑いがある方でも参加は可能!医療費に悩まれている方は応募をして、負担を減らしてみませんか。

 

募集会社:V-NET(会社概要はこちら

 

糖尿病治験の募集内容と
応募ページはこちら