MENU

喘息治験で生活の質を向上

・治療費負担が軽くなる

 

・喘息が改善されることもある

 

・専門医と医療施設でモニターができる

 

 

喘息は、年齢問わず発症します。実は今、年間3〜5万人もの人が喘息を発症しているとも言われているのです。

 

しかし、病院に行くと医療費がかなり負担になります。通常の気管支拡張剤や薬を飲み続けるほかにも、発作が出れば時間問わずに病院に行くため、大きな負担となってしまうのです。

 

喘息を改善したいと思ってもなかなか難しいもの。でも、そのお悩みを喘息治験で協力し、より良い喘息治療に貢献してみてはどうでしょう。もちろん、喘息治験ではステロイドや気管支拡張剤、錠剤などを使用しますが、専門医と専門医療機関で行うので安心です。

 

また、実施メーカーが治験薬や検査などはすべて負担してくれるため、医療費軽減にもなります。治験コーディネーターとしっかり進めていくため、体に負担もなく、これまで聞けなかったことも相談することができます。

 

悩んでいるのなら、ぜひ喘息治験にまずは応募してみてくださいね。

 

募集会社:V-NET(会社概要はこちら

 

喘息治験の概要と

応募ページはこちら